OSCN について                                                                                                           


  OSCN 誕生の経緯代表あいさつ活動内容ボランティアスタッフについて、順次ご紹介します。  

☆ 交通教育NPO OSCN 誕生の経緯 ☆

 OSCNとは、Owariasahi Safety Cyclists Network 尾張旭・セーフティー・サイクリスツ・ネットワークの略称です。 環境経済両面から、又、健康維持のためのフィットネスツールとして自転車の利用者が急増傾向にある現在、操縦技術面や交通知識面を含めた 安全指導やマナー徹底の機会が、児童・生徒や大人の方々に向けて、特に必要となり始めました。こういった状況の中、自転車を安全に乗る乗り方や交通ルールを子どもたちに教える場をつくってほしいという、お子さんをもつ親御さんからの声をたくさん耳にするようになりました。自分たちの大好きな自転車という乗り物が、社会環境の中で歓迎される乗り物であり続けて欲しいという願いから、私たちは健康都市・尾張旭市で、自転車の有効な利用方法や楽しみ方の提案や、子どもや大人への交通安全の基礎講習会等を行う市民ボランティア活動として、自転車好きな尾張旭市周辺の社会人や大学生が中心となり、2012年 4月より活動を開始致しました。
※ 公的機関へのOSCNの登録情報 : 尾張旭市市民活動支援センター ・ あいちNPO交流プラザのOSCN個別アピール情報ページ

※ あいちエコモビリティライフ推進協議会 加入 (愛知県地域振興部交通対策課 エコモビ事務局主催) → 2017年発行加入証明書こちら(Jpeg)

※ 環境省 地球温暖化対策国民運動 COOL CHOICE→ 2017年賛同証明書 こちら(Jpeg)

※ 2015年 愛知県 エコモビ表彰 受賞 ページはこちら

※ 2016年 愛知県 西警察署 警察運営推進 感謝状 拝受 ページはこちら

※ 2016年 愛知県 守山警察署 / 守山尾張旭交通安全協会 交通安全活動 感謝状 拝受

※ 2017年 愛知県 守山警察署  感謝状 拝受  レポートはこちら

※ 2017年 愛知県 守山警察署 / 守山尾張旭交通安全協会 交通安全活動 感謝状 拝受

※ 2018年 愛知県 守山警察署  感謝状 拝受

・「じてんしゃスクール」のページはこちら 

・「のりかたスクール」のページはこちら

・「ポジティブ ! スタディ」のページはこちら

・ OSCNスタッフ研修のページはこちら

・ 2016年度OSCN決算書(2017/0325監査) は PDFファイル

・ OSCN規約(2017/0301改訂) は PDFファイル

・ 2018年度OSCN役員名簿 はこちら

・ 2017事業計画書は PDFファイル(2017/0327現在)

2017年度OSCNアクションプラン(2017年度のOSCNの交通教育活動)PDFファイル (2017/03/27 UpDated)

・ 2016年度OSCNアクションプラン(2016年度のOSCNの交通教育活動) ⇒PDFファイル

・ 2015年度OSCNアクションプラン(2015年度のOSCNの交通教育活動)PDFファイル

・ 2014年度OSCNアクションプラン(2014年度のOSCNの交通教育活動)PDFファイル(864kb)

・ じてんしゃスクール動画 →(2017/4/16撮影動画)

☆ OSCN代表 あいさつ ☆

 私自身は小学校3年生の頃よりサイクリストでした。当時は休日になるとランドナーという旅用自転車で、早朝に練馬区の実家を出発、埼玉県秩父市周辺の山々を約100km前後巡り、自転車と共に未知なる土地のいくつかの険しい峠を越えたことに満足感を抱き、自分が生きているという実感や自信を胸に、夕刻家へと帰還する日々を送っておりました。教員養成系の大学時代には、JCA日本サイクリング協会の提携組織であったESCA(エスカ)東日本学生サイクリング連盟(当時の加盟校数 約50大学)の理事として、RTT(ランドナータイムトライアル競技)の実行委員長を経験する等、学生サイクリングの普及活動にも努めてまいりました。 その後、22歳にはモータースポーツへと転向、元ヤマハおよび無限ワークス所属の全日本モトクロスチャンピオン鈴木秀明氏に師事。秀明氏のMXチーム「秀明道場」にて修行を重ねる。1991HTDE(日高TWO DAYS ENDURO)銀メダル獲得・1996オフロード日本一王座決定戦4ストローク部門優勝・コンクヘッズ本栖オフロードレースAシード優勝 等、オフロードバイク耐久レースで成績を残す。自転車で鍛えた足腰で、優勝入賞を重ね、企業からスポンサーを頂き、オートバイ2輪オフロードレースの選手やテストライダー(雑誌社・メーカー)として日本や海外のレース(北米AMA)を転戦。現在50代の私ですが、振り返れば約40年間、2輪スポーツを楽しんでまいりました。青春時代のほとんどを費やした大好きな2輪、操る喜びを感じさせてくれる乗り物・・小学生であっても自力で長距離を比較的容易に走らせてくれる乗り物(夜遅くなり親には心配をかけましたが)。そして、50歳になる今でも楽しくスポーツをさせてくれる乗り物・・・そんな素敵な面がたくさんある乗り物の楽しさと、用い方によっては危険な面を、多くの子どもたち・大人の方々に正しく理解してもらいたい。そして、2輪車乗車時のマナー(対歩行者や車)や、事故から身を守る術(心や技術)を体験してもらいたいと願い、2012年4月に、OSCNを発足するに至りました。この尾張旭市からも、皆様と共に楽しく快適な自転車交通文化を発信していきたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 尚、私たちのスクールは、ベルギーからやってきた自転車教室「 ウィラースクール ジャパン」(京都府美山町本部)のオープンソース型カリキュラムを基礎として交通教育事業を開始致しました。カリキュラム導入にあたっては、2012年12月に、ウィラースクールジャパン代表のブラッキー中島様に、この尾張旭市にお越しいただき、自転車教室開催の仕方・教授法等、多方面にわたりご指導・ご尽力いただきました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。 

 最後に、活動の立ち上げ・これまでのスクール実施にあたり、各方面の方々にご尽力いただいています。ボランティアスタッフの皆様・自転車仲間の皆様・ 尾張旭市・市民活動支援センター・尾張旭市教育委員会・愛知県教育委員会・ウッドフレンズグループ・愛知県森林公園・愛知県警守山警察署・西警察署・  前原デンタルクリニック・ドバッツライノハウス・GIANTストア名古屋・YANS柳原康弘様・ヤマトホールディングス・翠香書院・まえまえくらぶ有志・ダートフリーク有志・MTBインストラクター牧勇一郎様・愛知県教員有志・尾張旭市交通少年団(旭小)・せとしん地域振興協力基金・尾張旭市民活動促進助成金・モリコロ基金・愛知県議会議員 青山省三様 尾張旭市議会議員 若杉たかし様・瀬戸市議会議員 藤井あつやす様・AISAN RacingTeam 中根賢二様 ・A-TEAM 山上伸夫様・ 守山署スクールサポーター尾崎様・TEASリンアン堀田様・尾張旭市白鳳小学校PTAの皆様・加藤喜六様・日進市日進中学校様・一財日本交通安全教育普及協会様・交通評論家 矢橋  昇様 ・日進市立赤池小学校様・柏秀樹ライディングスクール様・フィトンチッド若杉様・尾張旭市立 旭小学校、三郷小学校様・三郷小学校PTAだんご会様・愛知県警様・日進市立相野山小学校様・春日井市役所様・春日井警察署様・愛知県警第一交通機動隊自転車小隊B-Force様・本田技研工業(株)セーフティーマップ担当者様・長久手市立長久手小学校様、市が洞小学校様、JA共済連地域活動支援部様・・重ねて厚く御礼申し上げます。

                                           OSCN代表 片山 昇

(OSCN代表略歴)

・交通安全教育コーディネーター(スクールアドバイザー)

愛知県自転車安全教育指導員(一財愛知県交通安全協会・愛知県自転車安全教育推進委員会)

・教育コンサルタント(交通教育/外国語教育指導) ・元 2輪部品メーカー管理職 ・ 元愛知県教員

平成30年度 全国植樹祭尾張旭市実行委員会関連事業委員・平成27/28/29/30年度JAF愛知支部交通安全実行委員 

平成28年度 愛知県「自転車安全利用重点広報啓発事業」選定委員

・平成25/26/27/28年交通安全教育指導者研修修了(日本交通安全教育普及協会

公立都留文科大学文学部初等教育学科卒業 ・小学校教諭一種免許状所持 ・大前研一ビジネスブレークスルー経営管理者育成プログラム修了

・1996オフロード日本一王座決定戦4ストローク部門優勝(オートバイ競技)・ラリーロズラーライディングスクール(米国)修了

・普通救命講習1修了(第26号 平成27年2月8日 尾張旭消防署にて受講)

・平成26年愛知県警 交通安全奉仕徽章 拝受・H28愛知県守山警察署/守山尾張旭交通安全協会 交通安全 感謝状拝受 ・ H29/H30愛知県守山警察署 感謝状拝受

・※ 代表コラム ⇒ こちら ・ OSCN対談「すてきな輪だち」 ⇒ こちら ・ OSCNメディア掲載履歴・代表執筆記事 ⇒ こちら

☆ OSCN 活動内容 ☆

・2017年度OSCNアクションプラン(2017年度のOSCNの交通教育活動)PDFファイル (2017/03/27 UpDated)

・2016年度OSCNアクションプラン(2016年度のOSCNの交通教育活動) ⇒PDFファイル

・2015年度OSCNアクションプラン(2015年度のOSCNの交通教育活動) ⇒PDFファイル

・2014年度OSCNアクションプラン(2014年度のOSCNの交通教育活動) ⇒PDFファイル(864kb)

・OSCNスタッフ研修のページはこちら

・「じてんしゃスクール」のページはこちら

・「のりかたスクール」のページはこちら

・「ポジティブ ! スタディ」のページはこちら

活 動 種 別
回 数 / 年
参 加 対 象
開 催 場 所 ( 2012〜13年 例 )
親子で体験! じてんしゃスクール
約5回 実施予定
小学生以上の保護者 ・ 大人
みんなで体験! サイクリング
約2回 実施予定
小学生以上の保護者 ・ 大人
親子で体験! のりかたスクール
〜 2016年
児童の保護者 ・ 大人
尾張旭市矢田川周辺・近郊
OSCNスタッフ ファンファン TOUR
随時
OSCN ボランティアスタッフ

※ 参加対象が、小学生以上の親子については、スクール内容やお子さんの自転車の乗車状況により、保育園/幼稚園のお子さんでも参加可能な場合があります。お問い合わせ下さい。

※ 参加者の皆様には、万一の場合に備え、助成/協賛金の一部を充当し、愛知県社会福祉協議会のボランティア行事保険A型に加入しています。

 ☆ ボランティアスタッフについて ☆※2018年現在、ボランティアスタッフを募集しておりません

 じてんしゃスクールは、大人も子どもも、一緒になって学ぶ場になってほしいと考えています。ボランティアスタッフとして活動して下さっている方々は、大学生〜社会人まで業種も様々で、サイクリングや自転車競技等の経験年数も様々です。現在、約30名の方にご協力いただいております。自転車での交通教育に関心のある方であれば、サイクリングや自転車競技の経験がなくても、スタッフとしてご登録いただけます。自転車関連企業の方やプロインストラクターの方もおられますが、私たちは誰もが教え合い支え合い、子どもと共にその時間を自転車を通して学び合うという協同姿勢で活動しております。参加者と一緒になって、お互いたくさんのことを発見していきましょう! 詳細をご確認の上、ご連絡お待ちしています※2018年現在 ボランティアスタッフを募集しておりません。

※ ボランティアスタッフは、尾張旭市内での当団体のスクール行事中に於いては、尾張旭市の市民活動保険に加入しています。(尾張旭市による保険料の全額負担)

※ OSCNの活動ポリシーとして、ボランティアスタッフの負担を軽減するために、参加できる時のみ、挙手制によりご参加いただく形態をとっています。参加回数は自由です。

※他団体や他機関からの依頼によるスクール実施の場合を除き、OSCNじてんしゃスクール主催のボランティア活動では、原則としてお手伝い頂く際の経費・謝金等をお支払いできません。

・ 2018年度OSCN役員名簿 はこちら

☆ OSCN活動に関する  運営資金 ・ 機材のご協力 ・ 助成金 について ☆


 OSCN活動の運営にかかる費用または機材は、個人・法人・基金・行政 等のご支援により賄われています。

協賛金: 前原デンタルクリニック (2万1000円) ・ 翠香書院 (2万円)

山上伸夫様(3000円) ・ チーム白鳳 (2万円)

団体設立・機材等 準備資金(60万円): 代表 片山 昇 個人出資

運営資金2012〜2017(350万円): 代表 片山 昇 個人出資


機材や人材、開催場所等でのご協力(2012−2015): 借用・ 譲渡 含む

尾張旭市市民活動課(教育機器、パイロン等、指導者) ・ 守山警察署(教育機器、指導者)  ・  ドバッツライノハウス(自転車、パイロン、指導者) 

GIANT名古屋(自転車、ヘルメット、指導者) ・ダートフリーク(テント) ・ 前原デンタルクリニック(自転車、ヘルメット、音響機器等、指導者) 

翠香書院(自転車、運営用品、指導者) ・ 中村高士様(自転車) ・ 白鳳小学校PTA安藤様(子ども用ヘルメット)

白鳳小学校(教育機器製作文具類、パイロン等、運動場、体育館)・A-TEAM 山上伸夫様(子ども用自転車、子ども用ヘルメット・グローブ、指導者)

日進中学校(運動場、体育館、指導者)加藤喜六様(自転車) ・ CyclingTeam KATAYAMA(自転車、ヘルメット、指導者、ガレージ、整備機器)

旭小学校(運動場) ・ 独立行政法人水資源機構(練習場所) ・ NCC日本ケータリング株式会社(駐車場) ・ まえまえクラブ(運営スタッフ)

尾張旭市(練習場所、室内講習部屋) ・ ウィーラースクールジャパン(指導者) ・ ウッドフレンズグループ(開催時スタッフ) ・ 建光社(試走時スタッフ)

愛知県森林公園(スクール開催場所) ・ 尾張旭市(スクール開催場所) ・ ラジオサンキューFM84.5(広報・収録) ・ フィトンチッド若杉様(自転車)


〜 2017年度 助成金 〜

 尾張旭市 市民活動促進助成金」 5万円5千円

〜 2017年度 実施運営経費 〜

春日井市役所 春日井市交通児童遊園フェスティバル自転車教室 準備経費 1万円

長久手市 長久手小学校 自転車教室経費 5千円

長久手市 市が洞小学校 自転車教室経費 2万円

日進市 赤池小学校 交通安全授業経費 1万円

尾張旭市 三郷小学校 自転車交通安全教室実技経費 1万7千円

尾張旭市 三郷小学校 交通安全授業経費 1万円

尾張旭市 三郷小学校PTA おやじの会 じてんしゃスクール実施経費 1万5千円



〜 2016年度 助成金 〜

 尾張旭市 市民活動促進助成金」 5万円

〜 2016年度 実施運営経費 〜

春日井市役所 春日井市サイクルフェスティバル経費 5万5千円

一財 日本交通安全教育普及協会 執筆原稿代 1万5千円

尾張旭市三郷小学校PTA おやじの会 じてんしゃスクール実施経費 1万5千円

日進市 赤池小学校 交通安全授業経費 1万円

日進市 相野山小学校 自転車教室経費 1万円

尾張旭市 旭小学校 交通安全授業経費 1万円

尾張旭市 旭小学校 自転車実技教室 1万円

尾張旭市 三郷小学校 交通安全授業経費 1万円


〜 2015年度 受託事業 〜

愛知県地域連携交通安全モデル事業 47万円

(2015年8月より12月実施対象分/交通安全啓発CD「OSCNじてんしゃスクール放送局」制作費用対象)

※↑ 愛知県よりの委託事業として

〜 2015年度 助成金 〜

あいちモリコロ基金(愛称)公益信託 愛・地球博開催地域社会貢献活動基金」 30万円(昨年度10月より2015年9月までの実施分)

 尾張旭市 市民活動促進助成金」 3万2000円


〜 2014年度 助成金 〜

 「尾張旭市 市民活動促進助成金」 6万8000円

 「あいちモリコロ基金(愛称)公益信託 愛・地球博開催地域社会貢献活動基金」 30万円(2014年10月以降実施分該当)

〜 2013年度 助成金 〜

 「公益財団法人せとしん地域振興協力基金」 15万円

 ☆ 当サイトの 個人情報の保護方針 / サイトポリシーについて ☆

各ページをご覧ください。 サイトポリシー / 個人情報の保護方針