2014_1011_尾張旭市民祭 交通安全                  場所: 城山球場周辺  2014/10/11(土)


  「  2014 尾張旭 市民祭 」 〜 愛知県警SafetyAichiあゆみ号体験 〜

10/11・12の土日に開催された「尾張旭市民祭」で、守山警察署のブースで、交通安全広報・ミニ白バイや白バイパトカーの展示や、市役所の交通防犯コーナーでは暗室での反射材の効果体験、交通安全マスコット等を作成するブースなど大変交通安全意識を高めるイベントが実施されていました。

OSCNスタッフも愛知県警の交通教育あゆみ号や、市役所市民活動課による反射材の効果暗室を体験!分かりやすくとてもためになりました!

愛知県警の交通安全教育車 「あゆみ号」
パトカーや白バイと記念撮影
反射神経テスト「てんとう君」にチャレンジ!


 愛知県各地の交通安全イベントに駆けつける
交通安全教育車。効果的な教育機器満載。

 家族連れで白バイにまたがったり、記念撮影を
したり、秋の1日を楽しむ姿が見られました。

 担当者の方にルールを丁寧に教えていただき、「てんとう君」に
チャレンジ!最初は簡単なテスト、そして難易度UPコースへ!
            
思わず真剣!
動体認知診断テスト
動体認知診断の結果!


 難易度UPコースは、赤と白が同時に点灯したら赤を!緑と白が同時に点灯したら白を!素早く判断して押します。瞬時の反射神経と共に、判断力も試されるテストに、真剣に取り組みます。実際の交通状況の中で、この感覚は必要とされる動作ですね。それにしてもドキドキでした。
 教育車輛のトラックの中には、交通教育用の機材の、自転車運転シュミレーター・てんとう君、そしてこの動体認知診断器等を搭載。自分自身の反射神経や動体認知の現状を知ることは、危険な状況に気づけない自分もあることを知り、過信しない運転につながります。
動体認知診断の結果を頂きました。右側や右下側の視野エリアで見落としが見られました。確かに自分はそのエリアが何故か見えにく傾向でした。自分の認知の限界を知って、安全運転に生かしたいと感じました。
撮影者: OSCN片山